業績見通しを上方修正する企業が多い

ダメな会社が何をやってもダメ!

先週末が第一四半期の決算発表の企業が多かったが、日経新聞によると7社に1社が今期の業績見通しを上方修正しているとのことでコロナの感染拡大は続いていても大企業はしっかりお金稼ぎできてるみたいです。

*日経新聞記事

上場企業、7社に1社が3カ月で上方修正 製造業回復
6月期の決算発表時に年間の最終損益予想を上方修正した企業は製造業を中心に7社に1社に上る。わずか3カ月で見直したことになり、リーマン・ショックからの回復時を上回るペースだ。足元では世界各国で新型コロナウイルスの感染者が増えており、経済の本格的な再開が遅れれば業...

特に製造業で上方修正する企業が多く、逆に運輸などコロナの影響が直接来る業種は下方修正している。

業種によって明暗がはっきり分かれる結果となったが、これは各業界のリーディングカンパニーだけのようだった。

1社目に勤務した会社も上場企業で先週末に第一四半期の決算を発表していた。がないようは惨憺たるものだった。

製造業の会社でどちらかと言えばコロナの影響は受けにくい業界だと思うのだが当初の業績見通しから下方修正していた。

ダメ会社が何やってもダメなんだろうなと勤務していた時のことを思い出していた。

しかしこのダメなブラック企業はなかなかしぶとく生き残っているのが不思議。

北朝鮮みたいにいずれほっといても潰れると言われていて、しぶとく生き残っているのに似ている。

ブラックな組織や団体は、なかなか世の中から駆逐されないのは困ったもんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました