リモートワークの定着は無理かもしれない

経営者は労働者を信用していない

日本に比べて一足先にコロナから回復している米国でリモートワーク止める会社が多く、労働者に不評だろうです。

*記事リンク

コロナ収束の近未来に、確実に勃発する「リモートvs出社」バトル
けたい従業員の激しい...

ニューズウイークの記事によると、経営者は社員が非効率な働き方をするリスクを減らすため常に目を光らせていたいのでオフィスワークにしたい。

その他にも経営者は物理的に同じ場所にいれば共同作業がしやすくなり、技術革新も起こりやすくなるという考え方がありオフィスワークにしたい

一方の労働者は、リモートワークで継続して働きたいと思っており理由は、コロナの感染リスクは完全に無くなっていない。

小さな子供がいる家庭は子供の面倒を見る人が必要なのでリモートワークでないと仕事と家庭が両立できない。

アメリカみたいに割と合理性・効率性を重んじる国民性の国でもリモートワークは定着しないなら日本みたいに精神論・根性論が大好きな(経営者だけかも)国民性なのでまず無理だろうな。

首都圏ではオリンピック期間中は無理やりでもリモートワーク勤務させてもらえそうだけど、オリンピック終わってコロナの状況が米国みたいになればコロナ以前に戻すだろうな😅

通勤電車は混んで不快だし、コロナ前から無駄だと思われていた会議・打ち合わせなんかも増えて疲れそう。

コロナ以前のオフィスワークに戻っても飲み会と社内の行事なんかは廃止してもらいたい。

コメント

  1. deds より:

    アメリカではリモートワークで業績は下がったということなのかな?
    下がってなければ、むしろコスト抑えられる感じありそうだけどな。
    交通費とか出張費とか削減できて

タイトルとURLをコピーしました