過労死判定の適用が見直されたと言うけれど

企業有利で後手後手の対応

日経の記事で過労死判定の見直しされるとあり少しは劣悪な職場・労働環境が改善されるのかと期待して見たのだけどどうやらそれは無理そうだ。

*日経記事リンク

残業80時間「過労死ライン」柔軟適用、評価法見直し方針
業が「過労死ライン」といわれる月80時間に達しなくても、それに近い残業や労働時間以外の負荷があれば、業務関連性が強いと評価する。時間の目安を硬直的に適用するケースがあり、労働基準監督署に柔軟な対応を促す。厚労省の検討会が22日、報告書案を示す。2001年に通達...

現行の過労死判定の基準が月80時間以上の時間外勤務で過労死判定されるみたいので、これより短くしてそもそも過労死が発生しないようにするのかと思っていた。

厚生労働省は脳・心臓疾患の労災認定の評価法を見直す方針だ。残業が「過労死ライン」といわれる月80時間に達しなくても、それに近い残業や労働時間以外の負荷があれば、業務関連性が強いと評価する。時間の目安を硬直的に適用するケースがあり、労働基準監督署に柔軟な対応を促す。

日本経済新聞

引用記事にあるように多少時間が足りなくても勤務が不規則とかで負担のある場合は労基署に柔軟に判断させますとのこと。

これで過労死判定が増えて企業が対策するとは思えないのだが。

そもそも過労死するような働かせ方を労基署として取り締まるのが先なのではと思う。

結局自分の身は自分で守るしかない

残業規制、労働組合、労働基準監督署など制度やシステムは一応存在はするが、今の日本では企業よりに運用されていて保護されない労働者の方が多いと思います。

過労死の様な最悪の事態に追い込まれる前に転職若しくは退職した方がいいでしょう。

過労死寸前の職場で転職活動するのは難しいと思うので一旦退職してしまうのも仕方ないかもしれません。

いつ退職してもいいように貯金や投資を計画的に行い、上手くいけばFIREできるようにまでもっていきたい。

働く理由は人それぞれだとは思いますが、死んだり・病気になったりしてまで働く理由はないと思うので酷い職場は辞めるに限ると思います。

筆者も1社目の会社は酷かったので自主退社してしまいました😄

コメント

タイトルとURLをコピーしました