適切に有給休暇とれてます?

働き方改革はブラック企業には逆効果

働き方改革が必要だと言われて改革の制度が実施されていますが、素直に改正された法令に従わない企業もあり、前職の会社(3社目勤務の会社)がそうでした。

働き方改革のお陰で有給休暇5日分の取得が義務化されました。

これまで有給休暇取得しにくい会社でもまともな会社は法令にしたがって渋々ながら従業員に有給休暇を取得させていると思います。

年間で有給休暇5日取得させなければ、罰則があり会社が罰金を支払うみたいで表向きは企業の逃げ道を塞いだ形になっている。

しかし、前職の会社の様なブラック企業は有給休暇は取得させるのだが、それまで休みにだった日を出勤日に変えてそこで有給休暇を消化させようとする。

前職の会社は土日祝日が休みの完全週休二日制の会社だったが、働き方改革の有給休暇義務に合わせて土曜日に2か月に1度出勤日を設けてそこで有給休暇を消化させようとしていた。

働き方改革で良くなるどころかむしろ有給休暇が実質減った形になり改悪されてしまった。

賃金据え置いて労働時間を伸ばして実質賃金を下げるようなやり方は違法なのだが、ブラック企業はコンプライアンスを遵守する気などないのでやりたい放題。

ただでさえ給料少なかったのに、労働時間だけ伸ばされて給料減ったので一気にやる気がなくなった。

この土曜日出社の件で、社長の人間性に問題があることも分かりこの会社はダメだなと思う契機になった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました