日銀が株を売り越す時

日本株下落は近づいているのか

日銀のETF購入が無く大幅下落した日本株だが、さらに日銀は手持ちの株を売るかもしれないと日経の記事があった。

*日本経済新聞リンク

日銀が「株」を売り越す日 ETF購入抑制なら現実味
幅は3日間合計で2000円を超えた。米国のインフレ懸念を受けた同国の金利上昇観測を背景に、ハイテク株を中心に米株が大幅に売られた動きが日本にも波及した。注目されたのは、それでも日銀が上場投資信託(ETF)購入による株価下支えに動かなかったことだ。副作用を考慮し...

ここの所大幅に株価が下落しても日銀のETF購入はゼロで株価が反発しにくくなってきている。

以前だと米国株に追従するような動きだったのに最近は米国株についていけていない。(米国株は最高値付近を維持しているのに)

日銀のETF購入のルールがどうやら変更されて前場でTOPIXが2%以上下落しないと購入しない方針に変更されたようだ。

このルールを過去の買い入れ実績に当てはめた試算を見るとほぼETF購入は無くなる見込み

*引用日本経済新聞

日銀はまだ持っていた

日銀はETFを購入して大量に保有しているのは知られているが、まだ他にも証券を持っていた。

日銀は大まかに3種類の証券を保有している

  • 2010年から株価下落時に買ってきたETF
  • 16年から原則毎営業日購入してきた設備・人材投資支援の新型ETF
  • 10年以上前に金融システム安定策として銀行から買った個別株

日経の記事では3番目の銀行から購入した個別株を16年から売却している。

時価にして3兆円の株を10年かけて売却する計画で年3,000億円になる。

2%ルールの適用でETF購入がほぼゼロになるので年3,000億円の株の売り越しになる。(月250億円の売り越し)

今までの大量のETF購入による株価の底上げがあるが、少額でも日銀が売りに回れば日本株はもう上がらないと思うんだよな。

これからの投資は特に慎重にした方がよいと思う😆

コメント

タイトルとURLをコピーしました