フラット35を投資で使うことはできない

住宅ローンを投資用不動産には使えない

住宅ローンを購入する際に利用するフラット35(住宅ローン)を悪用した投資詐欺まがいの行為が未だに続いているようです。

*朝日新聞デジタル

フラット35投資悪用消えず 業者が甘い誘惑、返済難も:朝日新聞デジタル
悪用する不正が一昨年に多数発覚したことを受け、金融機関が融資の審査を強化した後も、同様の不正が続いていることが朝日新聞の取材でわかった。業者…

フラット35とは住宅支援機構が銀行などと提携して提供している住宅ローンである。

このフラット35は、自らが住む為の不動産を購入する際に使える

賃貸など人に貸して賃料を得る目的では使えないローン。

一般的にフラット35の方が不動産投資用ローンより金利が低く借りれる。

リンク記事では悪質な業者が購入目的を偽って金融機関に申請していたようです。

さらに源泉徴収票も偽造してらしく、恐らく年収を高く偽って多額のローンを組ませるためにしたのだろう。

世の中そんなに美味い話は無い

記事に出てきた3人は、いずれも借金を抱えていて借金で首が回らないので不動産投資をしたとあった。

借金を返す為に新たに借金するのは愚の骨頂なのだが😅

人間追い込まれると正常な判断が出来なくなるので気を付けたい。

また、3人とも購入する物件の見学して確認せずに購入しており、相場より高い値段で業者に購入させられていた。

結局楽して借金返済してあわよくば一儲けできると思って購入したのだろうが、ババを掴まされた。

金融機関からは虚偽の内容なので、ローンの一括で返済を迫られ、売却しても高値掴みしているので多額の売却損が発生する。

まさに負のスパイラルの典型的な状態に陥る。

向こうからやってくる儲け話の類は大体詐欺的なものが多く、自分の頭で考えたり調べたりせずにまず儲けることはできないだろう。

記事にもあるが、3人とも住宅ローン会社アルヒがローンを取り次いでいたようで、もしこの会社を使うことがあるなら少し警戒するべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました