空き家の放置は難しくなるか

固定資産税優遇が無くなる

*日経新聞リンク

空き家放置、税優遇取り消し3倍超に 神戸市21年度
方針を決めた。選定基準を市で独自に厳しくし、件数を20年度の3倍超に増やす。地方税法は空き家を壊してさら地にすると、建物が建っていた時よりも固定資産税が重くなるため、放置空き家を生むとの指摘がある。住宅とはみなせない物件の税優遇をなくし、空き家の適切な管理を促...

相続などで住居として使用せずに住宅を所有した場合、多くが建物を残してそのままにしてあることが多い。

その理由として解体して更地にすると、土地の固定資産税が6倍になるので古い家を残している。

放置されて危険な家が増えてきているので兵庫県神戸市が古くて危険な家への固定資産税の減免措置を止める取り組みを始めている。

神戸市に危険と判断され指定された家は建物があっても固定資産税は更地と同じに課税される。

日経の記事では神戸市だけが紹介されていたが、全国で他の自治体も同じように対応してくる可能性がある。

地方であまり需要のない地区の住宅を相続してしまうと、売却することも難しく放置しておくこともできなくなりコストと手間が物凄くかかるかもしれない。

解体して売却することも考えよう

母が地方の住宅を相続して、1年位は定期的に家の管理していたが自宅から遠方にあり、手間がかかり大変なので不動産屋に依頼して売却を頼んだ。

頼んで1年~2年位は売りに出した相続した住宅の引き合いは無かった。

売れない、管理が大変、雨漏りなど修繕が必要になってきたので、自治体の助成金を使って空き家を解体した。

市区町村の自治体単位で空き家の解体に補助金も出しているので空き家の所在地に制度があるか一度確認してみるのもいいでしょう。

*参考リンク

助成金|解体費用助成金|都道府県別 | 【公式】解体サポート
始致しました。空き家が増え続けているという社会的問

解体してから土地の購入希望者が現れて売却できた。

たまたまかもしれないが、ボロ家が無い方が購入意欲が高まるのかもしれない。

助成金が出ても費用はそれなにかかるり、売却の価格交渉次第ではほとんど利益が出ない若しくは解体費用以下の価格で売却になりお金が減る可能性もある。

それでも放置して置いて固定資産税が上がり近所の迷惑にもなるのでまず売りに出して売れなければ建物を解体して置くことも選択肢の一つに考えてもいいのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました