国民年金基金の資料が到着

資料が到着、中身を確認

先日資料請求していた国民年金基金の資料が到着した。

・関連記事

国民年金基金?
新しいタブで開く)

資料を見ていて加入するか検討をしてみたが、結論から先に言うと加入しないことに決めた

加入しない理由

1.基金を脱退する可能性が高い

再就職して厚生年金に加入する可能性が高く、途中で国民年金基金から脱退する可能性が高い。

2.利回りが良くない

提案されたプランを見ていると毎月約1万円の掛金を60歳まで支払い、65歳から毎月約1万5千円受給できる。

総支払額は大体300万円位で82歳位まで生きると支払額を上回るとのこと。

*提案プラン

筆者の見解

この年金プランを投資と考えてみて82歳より長く生きれば終身で年金が付加されると考えれば悪くはない金融商品だと思う。

この低金利の時代に1万円を毎月積み立てて数十年後に約1.5倍になって受給できる。

ただし早く亡くなった場合は、あまり意味がないが。

掛金は税金の控除にも使え、税金の支払いも多少減額できる効果がある

個人的には提案プラン画像の2枚目に見にくいが、赤線が引いてありここが一番重要だと思う。

国民年金基金の受給開始年齢は、国民年金の受給開始年齢と連動しておりませんので、お約束した年齢から受け取ることができます。

65歳から受給開始なので変更が無いとのことで、一応保証されているみたい。

ただし、もともとは年金は60歳から受給開始できたはずで、それが65歳から受給開始に先延ばしにされた経緯を考えるとホントに今後一切の変更がないのか疑問である。

国民年金・厚生年金も原則65歳から受給開始であるが、繰り上げ・繰り下げを選んで受給できるが、この制度も変更されるかもしれない。

先のことは、分からないが、以下のタイプの人は検討してみてもいいと思う。

・フリーランス、自営業で仕事をしていく

       かつ

・自分で貯蓄することができない

もし気になったら国民年金基金に資料請求すると提案プランやその他の資料も送付してもらえるのでそこから検討しても良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました